曇りのち自転車 (ところにより?坂) 

曇り=適応障害 を乗り越え自転車にはまったアラフォー男子が、脱初心者を目指して奮闘する日記です。2015年10月、3年の予定でインドへ単身赴任してきました。


新学期が始まって2週間

  1. 2018/04/22(日) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
新学期が始まって2週間が経った。
娘は小学校最高学年。もう上の学年はいないんだって!
いまだに信じられない気持ちでいっぱい。
しかもここ9か月くらいで10cmも身長が伸びたらしく、
卒業するころには妻と同じくらいになるんじゃない?ってくらい。

まぁ、大きくなってくれなきゃ困るし、かと言って大きすぎても服選ぶし。
適度に大きくなってくれると良いけどね^^
あと半年で私が帰任するころには果たしてどれくらい大きくなってることやら。


息子は初のクラス替え。
前のクラスの中の良かった子は1人は同じクラス、2人は違うクラスらしいが、
本人に残念がる様子は全く無し。笑
家がすぐそばだからクラスが違っても常にこれからも遊ぶんだろうケド。
元々あまり人に興味がないタイプで、仲の良い子とか特別印象に残った子
以外は名前すら怪しい始末。笑
元々同じクラスだった子の名前を上げさせても5人しか上がらないくらい。。
(1クラス25,6人の3クラスだから絶対8人程度いるはずなんだけど・・・)

しかも運が良いのか悪いのか、新卒の男の先生なんだとか。
やたらごつい体らしく、
「腕の太さが1mくらいあるんよ!」とか言っていた。笑
もちろんそんなことは無いが、そういう印象ってことね。
どんな感じで1年間過ごすことになるのか楽しみになってきた^^

こうやって子供たちの学校の様子なんかを週1回1時間程度のLINEでしか
確認できない生活もあと半年、かな?
任期が終わっても単身赴任生活は続くけど、せめて日本にいて
いつでも帰れるところで生活したいもんだな・・・












ついにエントリが800に!

  1. 2018/04/16(月) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4

2012年9月から書き始めたこのブログ。
当初はストレス解消のため毒を吐き出すための場所だった。
そうすることで何とか心のバランスをかろうじて保っていられたから
今こうしてインドで結構なストレスにさらされてもなんとか生きていられる?
のかもしれない。

そうして始めたこのブログ、転勤を機に病もなんとか克服でき、
自転車に乗ることで心身の健康を完全に取り戻した。
そして心機一転、タイトルも変更し(元のタイトルってなんだっけかなぁ?)
突然の辞令でインドへ飛んで早2年半たった今日、
書き綴ってきたエントリの総数が800となった。
一応記念日?としてエントリを残す。

それにしても、飽きっぽくて何事もあまり長続きしない性格だった私が、
5年半もブログを続けてこられるとは思わなかった。
自転車にしてもそうだが、これからもできうる限り続けていけたら、と思う。
一番は自転車に乗って、色んなところに行って、写真撮ってブログにアップ!
それが一番無理なく続けられるんだろうけど、
今はそもそも「自転車で色んな所に」行けないからなぁ。
毎回ネタ探しに少し苦労しとります。笑

とはいえ、今後もショーもないネタを中心に自己満足で綴っていきますので、
お付き合いいただけますと幸甚ですm(_ _"m)









恐怖の花粉症

  1. 2018/04/04(水) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2

4月になった。なってしまった。

この4月から娘はなんと小学6年生!小学校の最高学年。
ついこの前、入学式に出たつもりでいたのに。。。
来年には中学になるんだね。ほんと、びっくりにも程がある!
だんだん生意気になるし、週1でやってるLINEでの会話にもほぼ参加せず、
ひたすらドラマを見続けているようだ。成長は早いもんだ。
帰任するころには「近寄るな!」とか言われるようになるのかな。笑

息子も3年生。非常に残念なことに、私は息子の小学校生活を
ほぼ一緒に過ごしていない(インドにいるからね・・・)
そして今後も一緒に過ごせる時間は短いだろう。
転勤族の宿命とは言え、やはり非常に寂しいし、家族には申し訳ない。
やつも最近はあまりLINEでの会話に参加しなくなってきた。
昨年までは変な顔したり色々やってたりしたのだが、
少し筒成長してるってことなのかな?

やはり早く日本に帰任して、少しでも一緒にいる時間を増やしたい物だ。

が・・・日本に戻るにあたって結構でっかい「敵」がいる。
それは「花粉症」
何を隠そう(隠していないけど)私は花粉症持ち。
ちなみに妻も花粉症で、私よりかなりひどいスギ花粉アレルギー。
なのでこの時期は非常に辛そうにしていて、
病院に行って薬をたくさんもらってきている。

私は、と言うと杉よりヒノキ花粉アレルギーらしく、4月以降に本格化する。
ところが、インドに来て3回目の4月を迎えるが、一度も花粉症の症状が出ない。
当たり前っちゃ当たり前なんだが、やっぱり杉林の無い(少ない?)インドでは
花粉症にはならないらしい。これ、インドに来て「唯一」の良い点かも。
まぁ、その代わりに得体の知れないウイルスやらデング熱やら豚インフルやらの
脅威にさらされていて、花粉症よりよっぽど怖いけどね。

なので、日本に帰ったときにこの花粉症の症状が出るのがとても怖い。
せっかくの春なのに自転車に乗ることもままならず、
マスクと薬の世話になるのはなんともつまらない。
早く根治する方法見つかると良いのだけど。
妻や私もそうだが、かわいそうなことに息子も(恐らく)花粉症で、
この時期は非常に辛そう。
ティッシュで作った自作の「鼻水止めマシーン」とやらで顔をぐるぐる巻きに
したりしてるらしい(笑)←本人はいたってまじめなんだとか。

さすがに10歳にもならない子供のころから花粉症はかわいそうだし、
子供の内から何かできる治療法は無いのかな?

もう、花粉症って公害って言っていいほど悪影響あるのにね・・・










流石にちょっと寂しい?!

  1. 2018/03/23(金) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

昨今、インドにも大勢の日本人が住んでいるらしい。
大都市のデリーやムンバイ、チェンナイなどは、日本企業も多数進出し、
日本人が多くいるおかげで、値段は高いものの、日本食(ラーメンまで)
食べれるらしい。

ところが私が住んでいる都市はインドでも田舎の地方都市。
当然、こんなところに住んでいる日本人は少なく、
私を含めて全5名という有様。
当然、日本食レストランなんて見当たらないし、インド飯以外のレストランも
(ちょっと)高級なホテルの中にある中華料理程度。

私はそこに2年半にわたって住んでいるわけだが、いい加減に飽きてきた。
もうお腹いっぱいでげっぷが出そうな感じ。
なのに、そこに7年も住まれた方がいらっしゃる。
まぁ私と違い、月に一度は国外脱出していたようではあるが、
それにしてもかなりの苦労があったろうな、と思っている。

その方がついにインドから帰国されるという。
本当にお疲れ様!ではあるのだが、私が赴任してきたときから既に
インドの大ベテラン(笑)
ずっといるような気がしていたが、物事には全て終わりがある。
そして、その一つが終わっただけ。

なぁんてのは頭でわかってはいても、いざ現実となってみると結構寂しく。
かつ2ヶ月近く支援で来ていた日本人も次々日本に帰っていく、
そんな現実を目の当たりにすると、「早く帰りたいねぇ!」
って思いが強くなる。

お世話になった人の帰国と周りの出張者の帰国。
たったそれだけのことなんだけど、意外と影響がでかくてちょっと戸惑い気味。
住めば都、なんて言葉もあるが、どうもそうはならなかったみたい(笑)

って少し暗い話になってしもた。
でも、まぁ自己満足なブログなんで勘弁して下さいな。

さて、私も後半年と少し(のハズ)。
気を取り直して明日からも頑張ることにしましょうか!

よっしゃ、ローラー回してくるかな!←いつもこればっかり(笑)










パラリンピックってさ~

  1. 2018/03/14(水) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

平昌オリンピックが終わって、今度はパラリンピックが始まった。
けどパラリンピック、いまいち盛り上がっていないように感じるのは私だけ?
YAHOOのニュース見ていてもオリンピックに比べて明らかにニュースが少ない。
オリンピックに比べてマイナーなのはわかるんだけど、
あからさま過ぎる気がしてちょっと・・・もう少し取り上げても?と思う。

かく言う私もパラリンピックになるとあまり興味がわかなくなってしまうので、
人のことを言えたもんじゃなぁい。

ただ、一つだけ結構なインパクトとなって頭に残っているシーンがある。
それは20年前の長野オリンピック/パラリンピックのとき。
当時は今よりもっと「パラリンピック??」という時代だった(と思う)のだが、
学生だった私はウィンタースポーツが好きで、毎冬ゲレンデに繰り出していた。
その冬も長野に行く計画を立て、オリンピック後なら空いてるやろ、ってことで
春スキーに出かけたんだった。

ところが、まだパラリンピックは実施していたようで、
私が行ったゲレンデは会場ではなかったものの、会場近辺のゲレンデと言うことで
一般スキーヤーに混じって選手が調整?かなんかで滑ってる、そんな場所だった。
実際は違ったのかもしれないけど、ゼッケンを付けたチェアスキーの人が
結構滑ってたので多分間違いないんじゃないかと思う。今では有り得ないのかも?

そんな中、とある狭い(幅5mくらい)急斜面、アイスバーンでがりがり、右側崖、
360度ターン、なんてコースがあった(今思えば林間コース?)
コース状態が非常に悪いため、人がたまってしまったターンする隙間も少なく、
かといってスピードが上がると崖に落ちるか360度ターン手前で山に刺さるか。

そんな状況だったため、コースに入るのをためらっていると・・・
現れた数人のチェアスキーにどこかの国のゼッケンを付けた人達。
待つ時間がなかったのか、待つ必要が無かったのか、躊躇無くコースに進入。
見事なターンを切って人の間をすり抜け、360度ターンも難なくこなし、
颯爽と滑り降りていった。

基本的にチェアスキーって板が1本なので、スピードコントロールが難しいハズ。
そこを何の躊躇も無く突っ込んでいける勇気と難なくかわしてターンする技術に
度肝を抜かれた。
ああいうことができるから選手なんだね、っていうの少しだけ垣間見えた瞬間。

かと言ってチェアスキー観戦にのめりこまなかったのがいかにも私らしいけど、
パラリンピックになるたびに思い出すなぁ。
やっぱりスポーツは生で見るのが一番迫力があって楽しいんだな。
機会があったらまた見に行きたいもんだ。

で、今回のパラリンピック。
アイスホッケー男子日本代表のGKって60歳超えてるらしい!
平均年齢も40をはるかに超えているとか・・・
にっぽんのおっちゃんは元気ですw
そのおっちゃんの一人として、遠く灼熱の国から応援してまっせ~^^












NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

こーでぃ

Author:こーでぃ




適応障害克服!?

心の栄養剤を求めてブログを
始めてみました。
よろしくお願いします♪

2013年9月にロード
デビューしました。

TREK Madone4.5
と一緒に風になろうと
日々精進中^^

脱初心者目指して頑張るゾ

2015年10月、なんとなんと!
【インド】へ単身赴任してき
ました。3年の予定です。
帰任したら絶対もっと良い
自転車買ってやるんだ!!!

2016年8月、
Viaggio cyclyng club
の片隅にメンバーとして
入れていただきました。
いつか一緒に走れたら良いな♪

拍手、コメント、相互リンク、
大歓迎!
もちろん見ていただける
だけで励みになります^^



最新記事

月別エントリ一覧

最新コメント

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Designed by U-BOX


FC2Ad

まとめ

▲PAGETOP