曇りのち自転車 (ところにより?坂) 

曇り=適応障害 を乗り越え自転車にはまったアラフォー男子が、脱初心者を目指して奮闘する日記です。2015年10月、3年の予定でインドへ単身赴任してきました。


フロントシングル化??

  1. 2018/04/25(水) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
雑誌から第二弾。

「フロントギアはシングルがいい!」だって。
だって、フロントは平地の微風/追い風の時や下りはアウター、
強い向かい風やキツイ登りはインナー、なんじゃなかったのかな?」」
フロントが2枚あるからこそ、斜度10数%の坂を登れるんジャナイノ?

なんて思いながら読んでいくと、マウンテンバイクではもはやジョーシキ?
シクロクロスですらフロント変速しない?
自転車レースで積極的にフロント変速を使っているのはロードレースだけ、
なんだそうな。なんともオドロキの新事実じゃない。。

たしかに、フロントの変速はめんどくさい。リアより確実に時間がかかる。
トルクをかけ続けた状態では変速しにくい(私は脚を緩めないと変速できない)
更にチェーン落ちしやすい。
チェーンにぱんぱんに張力がかかった状態で変速せんとあかんから、
さもありなん、って感じではあるが。

20180420_203657.jpg


なので、フロント変速が「野蛮」だというのは分からなくはない。
いや、でもさ。MTBは分かるよ。もともと路面が過酷な状況だ。
フロント変速によるトラブルは回避したいだろうし、下るより上りに重きを置いて
も問題なさそうな気がする。

シクロクロスも路面状況はロードと比べるとはるかに悪路。
だけど斜度15%を10kmも連続して登ったり・・・するんだっけ?

だけどロードは違うんじゃないかな?
だってさすがに下りばっかのコースは無いし、舗装路を10km登って5km下る、
なんてことをするのがロードじゃないか?それにはやっぱりフロントいるッショ!

なぁんて思っていたら、すでにフロントシングルのバイクがあるらしい!
それがこちら。

20180420_205740.jpg

おげ・・・そう、もうあるんだね・・・
いや、いやいやいや!それだったらこれを買う前に御堂筋君のように
縛れば良いじゃぁないか!フロントアウター縛り・・・プププ。
私にはまったくもって不可能なことだけど、まずはそれでお試ししてから、
シングルにすりゃぁええではないか。
うん、やっぱりフロント2枚の今の世界がしばらく続いてくれることを祈ろう。

ちなみに・・・プロコンチのチームで導入しているチームが一つだけあるらしい。
う~む、チャレンジング・・・(-_-;)








久しぶりにサイクルイベントに出たい!

  1. 2018/04/19(木) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4

4月に入り、いよいよ自転車シーズンも本格開始となった、と思う。
そんな中、こんなものを手に入れた(無論、雑誌の付録)。

20180401_234355.jpg


今の私にとっては全く洋ナシなものではあるが、久しぶりに懐かしくて
また出たいなぁとの思いから、今まで私が出たイベントを色々思い返してみた。

私が最後にサイクルイベントに出たのは2015年。当時は山口県在住。
山口県って自転車に力を入れているのか、自転車イベントが結構多い。
そのなかで2015年に3つ出た。

①ツールド山口湾
その名の通り、山口南部の海沿いを走るコース。
当時山口県防府市に住んでいた私にとって、ほぼホームコースともいえる、
あえて出る必要ないないんじゃないの?ってくらい走りこんだコース。
スタート地点も自走で余裕で行ける距離(結局車で行ったけど)だし。

だけど会社の人が家族総出でボランティアに出るから良かったら参加
せぇへんか?と言われ、初回から連続で参戦。
参加人数も400人ほどで多くなく、その割にはエイドが充実しているので、
気おくれなく参加できるのは非常に良い。

コースはアップダウンは少なく、海沿いの風さえ凌げればきついコースじゃなく、
初めて参加する分にはとても参加しやすかったかな?

②ツールド下関
西日本では有数の人気を誇るらしい。
イベント完走自体は誰にでもできるレベルだけど、その前のエントリーで
クリック合戦という非常に厳しい戦いを制した者だけが参加を許される。
まぁ、早い話がめっちゃ人気のイベント。

なんでそんなに人気なのかはわからないけど、エイドの充実ぶりとか
沿道でなぜか声援をめっちゃ受けるとか、そんなのが人気なのかな?
確かにエイドは「終了後は太って帰るんじゃ?」って噂があるくらい、
種類もボリュームも豊富で美味しいし。
でも人数が多すぎてエイドが混みまくるからそういうの駄目な人には
なかなか厳しいかも。

③美祢ストロン
山口中部に鎮座する秋吉台をメインに走るコース。
私が参加したのは第一回だったので、コースはそこまできつくなかったが、
それでも秋吉台のアップダウンの中を走るのでそれなりにきつかった。
エイドではこれでもか!ってくらい食事が出てきて美味しかったけど。

ただ今はコースが変わったらしく、秋吉の壁を最後に上るコースらしい。

【秋吉の壁】
距離700m、平均斜度18%。最大斜度28%。

この坂を100kmの最後に持ってくるらしい。笑
それまでに4つの坂があり、最後のこれがとどめを刺してくれるらしい・・・

と、まぁ過去の出場イベントを振り返ってみたが、
美祢ストロンだけは明らかに変わっとる!これ、出てみたい!!
ツールド下関も山口湾も、2回出た。
コースも分かってるし、新鮮味は大してないと思われる。

それに引き換え、この美祢ストロンの変わりよう!
これ、いつか出られないだろうか・・・もう山口に赴任することなんて無いかな?

まぁ、帰任した先が何処になるか分からないけど、どの地方に行っても
今はサイクルイベントが豊富にあるし、関東赴任だとハルヒルとか乗鞍登るとか
色々楽しい(苦しい?)イベントもたくさんある。
やっぱりそれまでに坂を登れるようになっておかないとなぁ。
実際に上って今の実力を試してみたい・・・











ダンシングの新事実?

  1. 2018/04/13(金) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
またまた雑誌から・・・
定期購読中の「CYCLE SPORTS」から・・・

今週のテーマは「ダンシングの新事実」だって。


20180331_121849.jpg


実は私、ダンシングがとっても苦手、というかほぼできない。
無理矢理立ってみても、踏み込んでトルクはかけられるのだが、
ものすごく心肺に負担をかけており、長時間どころか
1分ほどしかもたない。

そんなわけで、いきなり冒頭の
「ダンシングなんて簡単にできる。恐らく誰もがひそかにそう思ってる」
のフレーズに違和感を感じたのだけど。笑

ところが、どうも記事に出てくるコーチによると、トップカテゴリーの選手含めて
ダンシングができる人ってほとんどいないんだって!
なぁんだ、そうなのか、安心した~!なんてことは思わないが、
(なにせみんなができていると思っていることすらできないので)
どうやら「ちゃんとしたダンシング」ってのは難しいらしい。

というか、ダンシングよりなにより、「適切なペダリング」ができていないと
ダンシングができるようにはならないそうだ。
まぁ、そりゃ言ってることはもちろん正しいんだろうけど・・・

いずれにせよ、ダンシングって出来たら良いなぁ、と思ってはいるので
少し熱心に読んでみた。
細かい内容は触れたりはしないけど、色々「目からウロコ」なことが多い。

今までは「ダンシングとシッティングで使う筋肉を分ける」んだと思ってた。
だから足が疲れてきたら「ダンシングで休む」
ところが私はダンシングすると心肺に負荷がかかるだけで、
「休む」なんてことはできないなぁ、と思っていた。

でも、ダンシングとシッティングって本来同じ筋肉を使うのが適切なんだって!
今まで読んできた雑誌とかには一切そんなこと書いてなかったなぁ。笑
別に研究熱心なわけではないので大体は暇つぶし程度の流し読みだけど、
そんな事実は初めて知った。

結局、ダンシングの目的は
①シッティングでは出せない大きな力を出す。
②上り坂で重心を取り返す

ためにやるのが正しいそうだ。なるほど~、だからゴールスプリントや
ヒルクライムでプロは使ってるんだぁね。ってまぁ、これは私でも理解できる。

ダンシングの理想形は「左右のブレが無いこと」ってある。
バイクの振り幅は「自然と動く範囲ならOK」なんだとか。
っていうことは巻島君はバイクを振りすぎ、葦木場君は上体振りすぎ。笑
でも、コンタドールはかなりバイクが動くダンシングしてたけど、
それでも早かったよなぁ。とても特徴あるフォームでカッコよかったけど。

結局、大事なのは
①体幹の安定②スクワットの動き
③BBの真上に乗る④高いポイントからトルクをかける

ってことで、結局は体幹がとても重要って話らしい。
先月号でも体幹は重要だって結論だったし、自転車はとにかく「体幹」
が肝のスポーツなんだと実感。
あとはシッティングだろうがダンシングだろうが「BBの真上に乗る」
これができないとトルクが適切にかけられないんだそうな。
どうせローラーではダンシングなんて私にはとても無理だけど、
BBの真上に乗れているかどうかはムービー撮ればわかりそうだから、
一度やってみようかな。

それにしても・・・やっぱり体幹鍛えるための筋トレ、再開するかな・・・








【ハンドルと】最近モモウラが痛い【サドルの位置のせい?】

  1. 2018/04/10(火) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4

最近、ローラーの後モモウラとお尻、ふくらはぎが張ることが多い。
今まではどちらかと言うと太ももの表側(大腿四頭筋?)だけだったが、
ここのところずっと所謂「ハムストリング」が張って仕方がない。

ただ、張るのは張るのだがその分かなり回せるようになっている。
同じギアで回していてもケイデンスが上がっている。
これってハンドルとサドルのポジションを変えたから?
今まであまり使えていなかったお尻やハムが使えるようになった?
だったらとっても嬉しいのだが。

唯一の欠点としては今まであまり使えていなかったので明らかに力不足。
乗るたびに筋肉に張りが出て、回復も遅い。
その結果、毎回若干の筋肉痛を引きずりながらローラー回す感じ。
筋肉のためには多少休む方が良いのかと思い、
土日以外は二日に一回程度しか走っていないのだが・・・

いかんせん回復が遅い!はて、なぜだろうか。
風呂にゆっくりつからず、シャワーだけなので疲れが抜けない?
肉を食べる量が減っていてタンパク質不足?
いや、最も大きな理由は「加齢」じゃぁないかね。
若いころは攣るほど筋トレしたって一晩で回復したもんだが、
今となっては二晩でも回復しない。年取ったもんだなぁ・・・
まぁ、二日後に筋肉痛が出ないだけマシなのかな。笑

ところで回復、と言えばロングライドには欠かせない「補給食」
日本で実走しているころは必ずジャージのポケットに入っていたものがある。
それがコレ。

20180324_202950.jpg

20180324_202940.jpg

そう、携帯用?の羊羹。コレ、安くてカロリーあって、美味しくて。
手のひらサイズで場所も取らないし、食べやすいから、
走ってる最中のエネルギー補給にはもってこいだった。
他にもゼリー飲料とかも持っていたけど、やっぱり高いのでね(-_-;)

それを職場の上司(日本人)から頂いた。日本から送ってもらったそうな。
これ、おやつとして食べるにはちょっとボリュームがあって、
めっちゃおなか一杯になってしまうので普段は口にしないのだが、
トレーニングの後のカロリー補給にはちょうど良いのでしばらく活用しよう。
なんだかとても懐かしくなったので載せてみました。









3月の走行距離

  1. 2018/04/01(日) 12:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
4/1ということで3月の走行距離を。

3月の走行距離:421.7km
2018年の総走行距離:831.1km
月平均:277km
ローラー総走行距離:7053km

今月は3/25までに421km達成していたのだけど、
最終週は仕事が忙しくて前半走れず、木曜から体調を崩して(またかい)
結局土曜日まで1mmも走れずじまい。

熱を測ってみても全然上がらないのだが、明らかに熱っぽい。
しかも熱さましを飲むと楽になる。
ってことはやはり熱があるんだろう。体温計、壊れたかな??
こういうとき、電子体温計って不便ですな。
壊れたかどうか良く分からないもんね。。。

ただ、土曜日の大半を寝て過ごしたおかげでようやく少し回復。
今月は夏本番!で気温が40度を超える日が出てくるはずだけど、
エアコン効かせて頑張って走らねば。
3年間で9000kmローラー走行。私の中での今の目標w

後6か月で2000kmなので今月並みに走れればなんてことは無く達成。
だけど毎年この夏場に距離が落ちるから、達成するためには我慢と努力!
そんなことに頑張らずに仕事頑張れ、と言われそうだが、
仕事はもうどうでも良い。あと半年で帰れる!それだけが励み。笑

さって、今日も走るぞ~^^













NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

こーでぃ

Author:こーでぃ




適応障害克服!?

心の栄養剤を求めてブログを
始めてみました。
よろしくお願いします♪

2013年9月にロード
デビューしました。

TREK Madone4.5
と一緒に風になろうと
日々精進中^^

脱初心者目指して頑張るゾ

2015年10月、なんとなんと!
【インド】へ単身赴任してき
ました。3年の予定です。
帰任したら絶対もっと良い
自転車買ってやるんだ!!!

2016年8月、
Viaggio cyclyng club
の片隅にメンバーとして
入れていただきました。
いつか一緒に走れたら良いな♪

拍手、コメント、相互リンク、
大歓迎!
もちろん見ていただける
だけで励みになります^^



最新記事

月別エントリ一覧

最新コメント

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Designed by U-BOX


FC2Ad

まとめ

▲PAGETOP