FC2ブログ

曇りのち自転車 (ところにより?坂) 

曇り=適応障害 を乗り越え自転車にはまったアラフォー男子が、脱初心者を目指して奮闘する日記です。2018年10月、インドより帰国!新しい自転車も増え、久しぶりの東京で自転車ライフ再開です。


実走よりもローラーで走り続ける

  1. 2018/05/13(日) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:5

私がロードバイクに乗り出したのが2013年9月。
クロスバイクしか持っていなかった私にとって、過ぎたるモノだった。
でも周りの環境にも恵まれ、どんどんロードバイクの魅力にはまっていった。

その2年後、2015年10月にインドへ赴任。その後はローラー走のみ。
つまり実際に外を走った期間はわずか2年ほどしかない。
その2年(正確には1年10ヶ月くらいだが・・・)の間の走行距離は約5200km。
週末しか走れない上に購入した当初は距離が全く走れなかったこともあり、
大した距離は走れていない。

翻ってローラー走。インドに来て2年半、しかも他に特にすることが無い(笑)
という環境も手伝って、距離は実走のころより伸びており、現在約7600km。
気がついたら実走よりはるかにローラーのほうが走っていた。。
良くもまぁ飽きずにローラー「だけ」できるもんだ、と自分でも思うが、
他にすることが無い上に、外なんて怖い/暑いでとても走れない。
かつ日本に帰ったときに赴任前より走れるようになっていたい!
そういうモチベーションで日々ローラーを回している。

今の目標は「インドにいる間に9000kmローラーを回す」
残り5ヶ月弱で1400kmなので、このペースで行けば達成するのだが、
何が起こるか判らないのもここインド。
突然の仕事のトラブル、体調不良などなど、不慮の出来事で走れなくなる、
なんてことはしょっちゅう。
落ち着いて「何事も無かったなぁ」と思える1ヶ月なんて過ごした記憶が無い。
それだけ刺激的?なのかも知れないが・・・

ま、いずれにせよ走れるときに走っておかないと9000kmに到達しなくなる。
来月は2週間日本に一時帰国(やっとだ!!嬉しい!)の予定だし、
今月追い込まないといけないね。

それにしても・・・少しは走れるようになっているのだろうか?
ホント、実走して確かめてみたいなぁ。









<<今年こそクライマーになる?① | BLOG TOP | インドの切手もなかなか芸術的>>

comment

  1. 2018/05/13(日) 23:40:48 |
  2. URL |
  3. TREK
  4. [ 編集 ]
こーでぃさんお疲れ様です
中々刺激的なインドを楽しんで?おられますね(笑)
ローラーって中々つらいんですがローラーばかりで7000㎞以上とは凄いですね
絶対、実走でも走れるようになってると思いますよ

TREKさん

  1. 2018/05/15(火) 01:27:42 |
  2. URL |
  3. こーでぃ
  4. [ 編集 ]
こんばんは!

刺激的と言えば刺激的かもしれません。笑
毎日何かしらがあってほんとに気が休む暇がありません・・・
これでプライベートが充実していればまだ良いんでしょうけどねぇ(-_-;)

ローラーばかりで今月末には8000km近く走ることになりそうです。
自分でも良く続くなあと思っています。
これで実走で全然早くなってなかったらたぶん屋上からローラー投げ飛ばします。笑

春から夏へ

  1. 2018/05/15(火) 05:02:25 |
  2. URL |
  3. Mrs.PIE
  4. [ 編集 ]
いよいよ、夏到来!
でも、5月の風はとても気持ちよく、こんなとき、郊外を自転車で走ったら爽快だと思います。
最近は、スポーツタイプの自転車も増えまして、通勤にも。地下鉄を利用するより早いとか。

でも、春の雰囲気も残っていまして、畑の隅にただ植えただけのイチゴが赤く実を結んで、とっても美味しい!
ときどき、ナメクジやほかの虫に齧られて穴の開いていまして、これは7農薬を使っていない証拠!

そろそろ梅雨。
紫陽花の季節。

インドは?

  1. 2018/05/15(火) 07:32:48 |
  2. URL |
  3. Mrs.PIE
  4. [ 編集 ]
やがて、インドは人口世界1位に!

すでにUSにしっかりと食い込み、医師・弁護士・IT関連の核になる人材を輩出し続け、そのあたりが中国とは大きく違うようで
自国の大メディアを優遇しないGoogle NEWSなんて、じつにすごい!

USと地球の反対側に位置することを利点にして、産業の活性化も。

とはいえ、内部はかなり乱暴なことも。
どんな感じなのでしょう?

教育が、産業立国の基本。
そして、フェアな法治主義
利益の分配
未来への投資
都市の設計
下水処理
飲料水は枯渇している地域があるとか。

人口爆発をどのように受け止めるか、興味津々。
15億人
19世紀の世界人口
インドと中国だけで、19世紀の世界人口の2倍!

奪い合いの闘争?
制御の利かない国で民主主義は危険。中国のほうが安定して発展するかも、、、。

Mrs. PIEさん

  1. 2018/05/16(水) 23:14:40 |
  2. URL |
  3. こーでぃ
  4. [ 編集 ]
インドはとても変わった国ですよ。
中国よりさらに変わってると思います。
一つの国家の中にたくさんの全く異なる文化を持つ国がある感じ。
北部と南部だと文字も言葉もまったく違って、
互いのコミュニケーションは英語のみ。
ここにいるインド人と南部に出張に行くって、看板になんて書いてあるか尋ねたら、
「分からない!」と答えられました。

文化もまったく違って、北部/北西部の田舎では牛を食べた殺したでリンチにあいますが、
南部や東部は平気で牛を食べます。

なのでインド自体が一つになって強固に目標に向かって!
って余りならないんじゃないかなと。
発展もどこかで頭打ちするんじゃないかと思います。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

こーでぃ

Author:こーでぃ




適応障害克服!?

心の栄養剤を求めてブログを
始めてみました。
よろしくお願いします♪

2013年9月にロード
デビューしました。

TREK Madone4.5
と一緒に風になろうと
日々精進中^^

脱初心者目指して頑張るゾ

2015年10月、なんとなんと!
【インド】へ単身赴任してき
ました。3年の予定です。
帰任したら絶対もっと良い
自転車買ってやるんだ!!!

2016年8月、
Viaggio cyclyng club
の片隅にメンバーとして
入れていただきました。
いつか一緒に走れたら良いな♪

2018年10月、日本へ帰国!
久しぶりの日本を堪能したい
と思います。

拍手、コメント、相互リンク、
大歓迎!
もちろん見ていただける
だけで励みになります^^



最新記事

月別エントリ一覧

最新コメント

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Designed by U-BOX


FC2Ad

まとめ

▲PAGETOP