曇りのち自転車 (ところにより?坂) 

曇り=適応障害 を乗り越え自転車にはまったアラフォー男子が、脱初心者を目指して奮闘する日記です。2015年10月、3年の予定でインドへ単身赴任してきました。


ついにエントリが800に!

  1. 2018/04/16(月) 19:00:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4

2012年9月から書き始めたこのブログ。
当初はストレス解消のため毒を吐き出すための場所だった。
そうすることで何とか心のバランスをかろうじて保っていられたから
今こうしてインドで結構なストレスにさらされてもなんとか生きていられる?
のかもしれない。

そうして始めたこのブログ、転勤を機に病もなんとか克服でき、
自転車に乗ることで心身の健康を完全に取り戻した。
そして心機一転、タイトルも変更し(元のタイトルってなんだっけかなぁ?)
突然の辞令でインドへ飛んで早2年半たった今日、
書き綴ってきたエントリの総数が800となった。
一応記念日?としてエントリを残す。

それにしても、飽きっぽくて何事もあまり長続きしない性格だった私が、
5年半もブログを続けてこられるとは思わなかった。
自転車にしてもそうだが、これからもできうる限り続けていけたら、と思う。
一番は自転車に乗って、色んなところに行って、写真撮ってブログにアップ!
それが一番無理なく続けられるんだろうけど、
今はそもそも「自転車で色んな所に」行けないからなぁ。
毎回ネタ探しに少し苦労しとります。笑

とはいえ、今後もショーもないネタを中心に自己満足で綴っていきますので、
お付き合いいただけますと幸甚ですm(_ _"m)








関連記事

ダンシングの新事実?

  1. 2018/04/13(金) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
またまた雑誌から・・・
定期購読中の「CYCLE SPORTS」から・・・

今週のテーマは「ダンシングの新事実」だって。


20180331_121849.jpg


実は私、ダンシングがとっても苦手、というかほぼできない。
無理矢理立ってみても、踏み込んでトルクはかけられるのだが、
ものすごく心肺に負担をかけており、長時間どころか
1分ほどしかもたない。

そんなわけで、いきなり冒頭の
「ダンシングなんて簡単にできる。恐らく誰もがひそかにそう思ってる」
のフレーズに違和感を感じたのだけど。笑

ところが、どうも記事に出てくるコーチによると、トップカテゴリーの選手含めて
ダンシングができる人ってほとんどいないんだって!
なぁんだ、そうなのか、安心した~!なんてことは思わないが、
(なにせみんなができていると思っていることすらできないので)
どうやら「ちゃんとしたダンシング」ってのは難しいらしい。

というか、ダンシングよりなにより、「適切なペダリング」ができていないと
ダンシングができるようにはならないそうだ。
まぁ、そりゃ言ってることはもちろん正しいんだろうけど・・・

いずれにせよ、ダンシングって出来たら良いなぁ、と思ってはいるので
少し熱心に読んでみた。
細かい内容は触れたりはしないけど、色々「目からウロコ」なことが多い。

今までは「ダンシングとシッティングで使う筋肉を分ける」んだと思ってた。
だから足が疲れてきたら「ダンシングで休む」
ところが私はダンシングすると心肺に負荷がかかるだけで、
「休む」なんてことはできないなぁ、と思っていた。

でも、ダンシングとシッティングって本来同じ筋肉を使うのが適切なんだって!
今まで読んできた雑誌とかには一切そんなこと書いてなかったなぁ。笑
別に研究熱心なわけではないので大体は暇つぶし程度の流し読みだけど、
そんな事実は初めて知った。

結局、ダンシングの目的は
①シッティングでは出せない大きな力を出す。
②上り坂で重心を取り返す

ためにやるのが正しいそうだ。なるほど~、だからゴールスプリントや
ヒルクライムでプロは使ってるんだぁね。ってまぁ、これは私でも理解できる。

ダンシングの理想形は「左右のブレが無いこと」ってある。
バイクの振り幅は「自然と動く範囲ならOK」なんだとか。
っていうことは巻島君はバイクを振りすぎ、葦木場君は上体振りすぎ。笑
でも、コンタドールはかなりバイクが動くダンシングしてたけど、
それでも早かったよなぁ。とても特徴あるフォームでカッコよかったけど。

結局、大事なのは
①体幹の安定②スクワットの動き
③BBの真上に乗る④高いポイントからトルクをかける

ってことで、結局は体幹がとても重要って話らしい。
先月号でも体幹は重要だって結論だったし、自転車はとにかく「体幹」
が肝のスポーツなんだと実感。
あとはシッティングだろうがダンシングだろうが「BBの真上に乗る」
これができないとトルクが適切にかけられないんだそうな。
どうせローラーではダンシングなんて私にはとても無理だけど、
BBの真上に乗れているかどうかはムービー撮ればわかりそうだから、
一度やってみようかな。

それにしても・・・やっぱり体幹鍛えるための筋トレ、再開するかな・・・







関連記事

【ハンドルと】最近モモウラが痛い【サドルの位置のせい?】

  1. 2018/04/10(火) 19:00:00_
  2. 自転車
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4

最近、ローラーの後モモウラとお尻、ふくらはぎが張ることが多い。
今まではどちらかと言うと太ももの表側(大腿四頭筋?)だけだったが、
ここのところずっと所謂「ハムストリング」が張って仕方がない。

ただ、張るのは張るのだがその分かなり回せるようになっている。
同じギアで回していてもケイデンスが上がっている。
これってハンドルとサドルのポジションを変えたから?
今まであまり使えていなかったお尻やハムが使えるようになった?
だったらとっても嬉しいのだが。

唯一の欠点としては今まであまり使えていなかったので明らかに力不足。
乗るたびに筋肉に張りが出て、回復も遅い。
その結果、毎回若干の筋肉痛を引きずりながらローラー回す感じ。
筋肉のためには多少休む方が良いのかと思い、
土日以外は二日に一回程度しか走っていないのだが・・・

いかんせん回復が遅い!はて、なぜだろうか。
風呂にゆっくりつからず、シャワーだけなので疲れが抜けない?
肉を食べる量が減っていてタンパク質不足?
いや、最も大きな理由は「加齢」じゃぁないかね。
若いころは攣るほど筋トレしたって一晩で回復したもんだが、
今となっては二晩でも回復しない。年取ったもんだなぁ・・・
まぁ、二日後に筋肉痛が出ないだけマシなのかな。笑

ところで回復、と言えばロングライドには欠かせない「補給食」
日本で実走しているころは必ずジャージのポケットに入っていたものがある。
それがコレ。

20180324_202950.jpg

20180324_202940.jpg

そう、携帯用?の羊羹。コレ、安くてカロリーあって、美味しくて。
手のひらサイズで場所も取らないし、食べやすいから、
走ってる最中のエネルギー補給にはもってこいだった。
他にもゼリー飲料とかも持っていたけど、やっぱり高いのでね(-_-;)

それを職場の上司(日本人)から頂いた。日本から送ってもらったそうな。
これ、おやつとして食べるにはちょっとボリュームがあって、
めっちゃおなか一杯になってしまうので普段は口にしないのだが、
トレーニングの後のカロリー補給にはちょうど良いのでしばらく活用しよう。
なんだかとても懐かしくなったので載せてみました。








関連記事

インドで食べられる日本と同じ?もの

  1. 2018/04/07(土) 19:00:00_
  2. インドから
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2

ここインドでは(特に私の住んでいるド田舎では)日本食なんてものには
ほぼお目にかかることは無い。
当然、日本語表記の商品や、日本でもお馴染みのものなんかもほぼ無い。

そんな中で、数少ない日本でも買えそうなものがこちら。

20180324_201643.jpg

20180324_201657.jpg


そう、あの、天下の日清食品さんの!(あえてのさん付けw)その名も

「CUP NOODLES」

こんなインドのド田舎でも売っているとは思わなかった、故郷の味←大げさすぎる
もちろん日本からの輸入ものであるはずもなく、
「メイド・イン・インディア」なのだが。。。
ただパッケージやロゴはほぼ日本と同じような感じだし、作っているのも
「Indo NISSIN FOODS」となっているのでパチモンではなくちゃんと日清製。

肝心の中身は、と言うと・・・

20180324_201719.jpg

あちゃ><なんかちょっと残念な感じ。
中身が結構ぐちゃぐちゃになってしまっている。

ただ!日清を擁護するわけではないが、恐らく出荷時はちゃんとしてるはず。
なぜなら、ここインドはまだまだ道路が非常に悪く、がったがたの道路。
さらには信号の代わりの「スピードブレーカー」と言う名の段差をあえて設置し、
交差点等でスピードがあえて落ちるように作ってあったりする。

かつ、トラックの品質も悪く、クッションなんてかけらもないトラックでの輸送。
道路の凸凹をダイレクトに拾うため、中の荷物は相当に暴れる。
そんな輸送事情の国だから、開けたときに中身がぐちゃぐちゃでも仕方がない。
要は味が良ければそれでよい。

そして出来上がりはこんな感じになる。

20180324_202057.jpg

なんかスープが少し泡立ってしまって見にくいが、
香りも日本のカレーヌードルに非常に近い。
そして味は・・・これまた日本のカレーヌードル!
正確には若干スパイシーだが、特に気になるほどではない。
やはり安定の日本品質!スバラシイ。あぁ、日本って良い国だ。笑

実はこのカレーヌードル「チキン」はつい最近初めてインドで目にしたもの。
それまでも日清カップヌードルはあるにはあったのだが、
ベジタリアン用の「MASARA」なんちゃらって商品ばっかり。
あとはマトンのヌードルもあるのだが、どちらもめっちゃ辛い。
所謂完全な「インド人用」

それに比べるとこのカレーヌードルはとっても日本でのそれに近い。
逆にインド人には不人気なのではないかと思うのだが・・・

それでもこの商品を販売してくれる日清食品さん!
あなた方は派遣者にとって神です!←いや、いいすぎだろう、それは・・・

それにしてもカップヌードル一つでここまで感動できるんだから、
インドってのはなかなかに過酷な国ですよ。
好きで来た人にはそうでもないんだろうケドね・・・

さて、またカップヌードル買ってくるかな!売ってれば良いんだけどなぁ。
(在庫が無くなると半年以上入ってこなかったりするからね。笑)








関連記事


<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

こーでぃ

Author:こーでぃ




適応障害克服!?

心の栄養剤を求めてブログを
始めてみました。
よろしくお願いします♪

2013年9月にロード
デビューしました。

TREK Madone4.5
と一緒に風になろうと
日々精進中^^

脱初心者目指して頑張るゾ

2015年10月、なんとなんと!
【インド】へ単身赴任してき
ました。3年の予定です。
帰任したら絶対もっと良い
自転車買ってやるんだ!!!

2016年8月、
Viaggio cyclyng club
の片隅にメンバーとして
入れていただきました。
いつか一緒に走れたら良いな♪

拍手、コメント、相互リンク、
大歓迎!
もちろん見ていただける
だけで励みになります^^



最新記事

月別エントリ一覧

最新コメント

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Designed by U-BOX


FC2Ad

まとめ

▲PAGETOP